軽自動車の情報が満載!

軽自動車は飽きのこないシンプルな形状が魅力ですが、人気のアメリカ車のようにカスタムしたい人が増えています。
カスタムショップでは外装パーツやエンジンパーツ、サスペンションパーツなどが揃っているのが特徴です。
レトロな雰囲気のアメリカ車にカスタムすることが出来るので、まずはスタッフに相談すると良いでしょう。
カスタム専門店では豊富な在庫が揃っており、比較的リーズナブルな価格のパーツも取り扱っています。
信頼できるお店を探しておくことが大事です。

軽自動車カスタムショップの商品ラインナップ

軽自動車カスタムショップの商品ラインナップ 日本の軽自動車はシンプルで飽きのこないデザインが特徴ですが、人気のアメリカ車のようにカスタムをしたい人が増えています。
地元で評判の高いカスタムショップでは、経験豊富なスタッフが在籍をしているのでカスタムに欠かせない商品を販売しているです。
カスタムショップでは豊富な種類の外装パーツ、エンジンパーツ、サスペンションパーツなどが揃っているので用途に合った商品を購入することが出来ます。
軽自動車のカスタムショップでは、豊富な知識や経験を持ったスタッフが在籍をしているので、まずは気軽に相談をすると良いでしょう。
愛車は自分の体の一部に感じており、個性的で魅力的な外観にしたい人に向いています。
レトロな雰囲気のアメリカ車にすることが可能です。

軽自動車のカスタムショップの選び方とラインナップについて

軽自動車のカスタムショップの選び方とラインナップについて 軽自動車のカスタムは人気の車種では様々なパーツが選べ、すべて装着するとイメージがガラリと変わることで知られております。
カスタムにはいくつかの傾向と種類があり、大きく分けると外装をイメージアップさせる外側のカスタムと、エンジンやサスペンションやホイールなどを交換する走行系のカスタムに分かれます。
さらに電装系などをカスタムしたりシートをブランドの物に交換したり、エンジンをボアアップしたりハイカムに交換してプーリーを効率の良い物に交換したり、軽量化パーツに換装するなどいカスタムの世界は奥が深くユーザーの好みにすることが可能です。
カスタムショップは各種のパーツのラインナップや、コンセプトカーなどを製作しております。
軽自動車にはファミリータイプのワゴンや、電動収納出来るオープンカーのコンバーチブルタイプなどもありますし、昨今はコンパクトなSUVシリーズも人気を呼んでいます。
アウトドアなどで悪路を走る場合には、パンクがし難く地面をしっかりと保持するブロックパターンのタイヤに交換することが定番のカスタムになっています。
このようにカスタムショップでは、それぞれ得意な分野があるのです。
スポーツカー系やSUV系に強いお店もあれば、ドレスアップが得な店もあります。

軽自動車は普通自動車よりも乗り心地が悪いです

普通自動車と比較して、軽自動車の乗り心地は一般的によくありません。
車体が小さく車重が軽いぶん、タイヤが小さくサスペンション類も小さいです。
タイヤはゴムでできており衝撃吸収を担いますが、その容積が小さいと突き上げなどが増えて乗っている人の負担が増します。
軽自動車の種類によっても乗り心地はことなります。
最も優れているのはセダンタイプだと言われています。
車高が低く、バランスがいいためサスペンションの設定がマイルドです。
トールワゴン、スーパートールワゴンと背が高くなるにつれて、横転防止とハンドリング向上を狙ったセッティングになります。
そうすると突き上げが強い、つまり硬めの設定ししなければなりません。
事業用の軽自動車もタイプによって大きく異なります。
重い荷物を詰めるようにしているタイプは、積荷か空荷かで大きく異なります。
空荷だと不必要にふわふわして、安定感がなく車酔いをする人も多いです。
後席をなくしたセダンベースの車両は意外にも快適です。

軽自動車のヘッドライトもLEDが普及しています

以前の光源にはハロゲンやクリプトンなどのガスを封入した、白熱ランプが使われるケースが大半でした。
光の性質が太陽光に近い点光源であり、焦点から外部に向けてフェイドアウトしてゆく性質から目の暗順応や明順応のバランスが良かったことがメリットです。
しかしHIDなどに比べれば明るさはワンランク落ちて、発光効率が低いので電力消費が激しいことがデメリットでした。
また光源のワイヤーが経年劣化により切れてしまい、夜間にヘッドライトが機能しなくなってしまうリスクもあったのです。
近年は白熱灯ではなくLEDの前照灯が軽自動車でも使われるようになりました。
明るさや発光効率は白熱灯より上ですが、光の波長は疑似的な白色色や暖色カラーのために、人間の視野角ではやや認識力に欠けると言われております。
軽自動車でも電圧は12Vなので、電力の不足はありません。
今後LEDが進化してゆくと、太陽光のような波長を再現できるようになります。

軽自動車でも荷物をたくさん載せることができます

軽自動車というと狭い、荷物が載らないというイメージが強いのですが、最近の軽自動車が荷物をたくさんのせることができます。
小さいからと言ってあなどれません。
家族で出かけるには普通車でという固定観念を一新するような大きなスペースを確保することができます。
子供がいる場合はベビーカーや自転車なども積むことができます。
サーフィン、スノーボードなどのレジャー用品も積むことができるので家族や友人でのお出かけにも適しています。
後部座席を倒すなどで積み込むスペースを女性でも簡単に確保できるようになっています。
中には防水機能がついていたり、フルフラットにすることができ寝室にすることも可能です。
天井が高くなっており、圧迫感がなく、乗り降りもスムーズです。
スライドドアになっている車種もあるので楽に積み下ろしをすることができます。
軽自動車は燃費もよく、税金や車検などの維持管理費も安いため、検討してみることをおすすめします。

軽自動車の車種毎の特徴を把握して選ぶ事がポイント

移動手段としてバスや電車の他に自転車やバイクなど様々ありますが、その中で自動車は自由度の高い移動手段として人気があります。
その中で軽自動車はコンパクトだからこそ男女共に人気があり、多くの人が利用している乗り物の1つです。
実際に軽自動車を購入する際は販売されている車種を把握した上で、それぞれが持つ特徴を理解しポイントを抑えて選ぶ事が重要となります。
実際に購入する際に選ぶポイントとなるのが、価格がありまずは予算内で購入できる種類を絞り込む事が大切です。
また軽自動車を何に使用するのか用途にあわせて、車内の広さやデザインや装備内容などを厳選する必要があります。
仕事の通勤で毎日利用することを想定するのであれば、燃費の良さを重視する事が大切です。
普段の買い物や旅行での利用を想定するのであれば、家族がゆったり乗車できる広さや装備や性能を考えが必要がでてきます。
選ばれる車種自体はとても多くあり、それぞれの機能や広さだけでなく燃費や費用も変わってくるのでそれらを理解したうえで選ぶ事がポイントです。

自分でできる軽自動車の整備の箇所について

私たちの生活において、自動車を用いるということは必須のこととなっています。
このように日常的に自動車を利用することになったというのも、自動車の生産台数が増えているということもあるのですが、日本独特の自動車の型式の存在もあります。
日本独特の自動車の型式としてよく知られているのが軽自動車です。
軽自動車は、一般乗用車とは異なり排気量が少ない代わりに、税金や維持費が大変安くて済むというメリットがあります。
そのために、街中での利用のような場合には軽自動車が大変便利です。
ただこのような軽自動車でも、整備を十分に行わないと修理の経費がかかってしまうようなことにもなってしまいます。
自分ではできないような部分もありますが、個人でできる部分については整備を行うことをお勧めします。
そのことにより車の状態を良く保つことができ、結果として車検などの際に費用を安く済ませることが可能です。
まずやってみるべきこと事というのは、ウォッシャー液の交換です。

持続可能な軽自動車 高い燃費性能や低排出ガスを実現した車両

持続可能な軽自動車は環境への負荷を低減しながら、高い燃費性能や低排出ガスを実現した車両です。
その特徴と利点をご説明します。
この軽自動車はエンジンやハイブリッドシステムの効率改善など、燃費を向上させる技術が採用されています。
これは少ない燃料で長い距離を走行することができます。
燃費の向上は経済性だけでなく、温室効果ガスの排出削減効果も期待されています。
エンジンの排出ガス浄化技術の進歩で大気汚染物質の排出を削減することが可能になりました。
特に、環境にやさしいクリーンディーゼルエンジンや電気自動車などゼロエミッション車の採用が進んでいます。
車体の軽量化にも取り組んでいます。
軽量設計によりエネルギー効率がアップし、燃費や走行性能の向上につながります。
このような軽量化はリサイクル時の資源効率も高めるとのことです。
エコテクノロジーが積極的に導入されています。
エネルギー回生システムや停止時のエンジン自動停止機能、エコドライブ支援システムなどが採用されました。
これらの技術でより効率的な走行が可能です。

主婦層やファミリー層におすすめの軽自動車

近年、軽自動車は小さくて乗りにくいというイメージから一転し、さまざまなタイプのものが販売されており、ファミリーや主婦層に人気です。
スライドドアや広い開口部が備えられ、車内も広々とした車種がたくさん出回っているので、小さな子どもを安心して乗せることができます。
特にベビーカーを積載したり、買い物の荷物を一緒に入れるときに便利な、広い開口部があるスライドドアは主婦にとっては強い味方です。
ヒンジドアと比べて、子どもがドアを開いた時に、横に駐車してある車にぶつけるリスクが少ないこともメリットとなっています。
スライドドアを搭載している軽自動車は、電動のドアを採用していることが多く、ワンタッチで開閉ができるので、荷物を持っているときに便利です。
シートアレンジの豊富さもポイントで、タイプの違うシートを選べたり、快適に過ごせる広い車内空間が作れます。
リアシートは荷物の大きさに合わせてスライドさせたり、便利だと感じる位置に調節することができます。
また、床が低くなっている軽自動車もあり、子どもが立ったまま着替えることができたり、背の高い荷物を積載することも可能です。

軽自動車でも乗り心地を誇るような運転をしてみよう

一般的に軽自動車は普通車に比べ車重が軽くコストも抑えられていることから、お世辞にも乗り心地が良いとは感じない方が大半ではないでしょうか? 対策としてタイヤを選び直す、走行距離が伸びていればサスペンションのショックやブッシュ類の交換などハード的に考えるのが普通です。
ですが費用も時間もかかる為、軽自動車とはこういうものだと諦める方が多数でしょう。
しかし特に人を乗せている時などは、運転方法によって若干の乗り心地改善が望むことができます。
発進やブレーキングでは交通の流れを妨げない程度になめらかな運転を行うのは当然ですが、路面段差の乗り越え時、道路の凸部分では直前で一瞬軽くアクセルオンするとフロントサスが伸びてショックを吸収しやすくなります。
凹み部分ではタイヤが落ちる寸前で軽くアクセルオンするとショックをやわらげることができると思います。
間違ってもブレーキを踏んだまま凸凹に入らないこと、フロントサスが縮み逆効果となります。
ただ慣れるまでにはすこし時間も必要ですが、安全に考慮した上で路面状況を見ながら運転することは、軽自動車とはいえ同乗者へも乗り心地を誇る優しい運転と言えるのではないでしょうか。

軽自動車は初心者に向いているのかどうかを考える

軽自動車は初心者向きだと言われますが、それが正しい面もありますし一概にそう言い切れない部分もあるので、特徴をよく理解しておくことが大切です。
軽自動車が初心者に向いている理由としては、車体が小さく取り回しがしやすいという点が挙げられます。
慣れの問題ではありますが、やはり大きな車を運転するのは難しいところがあり、精神的にも負担が大きなものです。
軽自動車であれば元々車体が小さいので取り回しがしやすく、更に小回りが効くという先入観から気負わず運転できるという利点があります。
また、車両価格が安いので万が一事故を起こしてしまっても金銭的な負担が少ないのも、精神的な面で運転しやすいと言えるでしょう。
その一方で必ずしも運転に慣れていない人に向いているかというとそうでない部分もあり、安定性が普通車と比較をして低いという問題があります。
街乗り程度であれば特に問題はありませんが、高速道路や峠道を走る時には普通車よりも負担がかかることもあるのを覚えておきましょう。

物価高対策のために愛車を軽自動車へ変更しよう

ここ最近の日本ではずっと物価高が叫ばれていて、庶民の生活へ大きなダメージを与えています。
食べ物や飲み物の料金をはじめ、電気代や水道代、ガソリン代など内訳は様々ですが、これらは実質的な増税といえます。
世界的に大変な情勢なので仕方のない部分もありますが、そのまま放っておくと庶民の暮らしをますます圧迫してしまいます。
だからこそもし普通自動車を所有しているなら、次の車検までに思い切って軽自動車に買い替えると良いのではないでしょうか。
軽自動車は最近人気を集めているので、車両本体価格はある程度高くなるかもしれません。
ですが税金や維持費などは相当削減できますし、燃費が良いのでガソリンの出費が大幅に減らせます。
車内もある程度の広さがあるので、家族からの不満も出にくいです。
軽自動車は日本全国で販売されていますし、予算に合わせて新車にするか中古車にするかを決めましょう。
軽自動車に変更するだけでちょっとした物価高対策になるので、是非家族と一緒に最適な一台を選ぶことをおすすめします。

軽自動車の情報を集めよう

軽自動車 カスタムショップ

新着情報

◎2023/7/27

情報を追加しました


>持続可能な軽自動車 高い燃費性能や低排出ガスを実現した車両
>主婦層やファミリー層におすすめの軽自動車
>軽自動車でも乗り心地を誇るような運転をしてみよう
>軽自動車は初心者に向いているのかどうかを考える
>物価高対策のために愛車を軽自動車へ変更しよう

◎2022/4/26

情報を追加しました

> 軽自動車は普通自動車よりも乗り心地が悪いです
> 軽自動車のヘッドライトもLEDが普及しています
> 軽自動車でも荷物をたくさん載せることができます
> 軽自動車の車種毎の特徴を把握して選ぶ事がポイント
> 自分でできる軽自動車の整備の箇所について

◎2022/2/15

外装パーツのページを公開しました

◎2021/9/16

エンジンパーツのページを公開しました

◎2021/5/31

サイト公開しました